2017年

2月

05日

「MUSUBU SHIGA in ワテラスコモン」

落語家の柳家花緑(やなぎやかろく)さんや「MUSUBU SHIGA」プロジェクトのメンバーを招き、創作落語とトークショーを併せた滋賀・びわ湖の魅力発信イベント「MUSUBU SHIGA in ワテラスコモン」が、211日(土)、東京都千代田区の「ワテラスコモン」で開催されます。

 

「湖魚姫」は、「MUSUBU SHIGA」プロジェクトメンバーである相馬夕輝さんが主催する「D&DEPARTMENT」が、柳家花緑さん、作家の藤井青銅さんと展開する47都道府県を題材にした噺を創作し続ける新作落語プロジェクト「d47落語会」で昨年2月に初演された創作落語です。滋賀の比叡山延暦寺、琵琶湖とそれを模して江戸時代につくられた東京・上野の東叡山寛永寺と不忍池を題材にした噺となっています。

トークショーでは「MUSUBU SHIGA」プロジェクトで滋賀の魅力をリサーチした滋賀県出身でもある相馬さんのレポートなどを、同ブランディングディレクターの服部滋樹さん、スペシャルゲストの花緑さんとともに振り返りながら、それぞれの視点で感じたその魅力を来場者にお伝えします。このイベント通じ、滋賀の魅力を新たな視点で紹介するとともに、首都圏の皆さんに滋賀という1つの地域をもっと身近かに感じていただけます。

また、関連イベントとして「滋賀で暮らそう相談会」を開催するほか、ワテラスコモン内にあるセレクトショップ、「Rin8890」では県産品の販売。みたて農園のお米も並びます。

 みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 ■名称
滋賀・びわ湖 魅力体感・発信イベント「MUSUBU SHIGA in ワテラスコモン」

■日程
平成29211日(土) 14:0015:50

■会場
ワテラスコモン 3Fホール (東京都千代田区神田淡路、電話番号:03-5294-6300