2017年

7月

09日

湖北の暮らし案内所「どんどん」のサイトに掲載していただきました

湖北の暮らし案内所「どんどん」に、田植えの季節の日常を密着取材していただきました。

 

 

〜湖北の暮らし案内〜

おいしい風景

 

 

どんどんは、長浜市街地の路地裏の水辺に築80年の長屋をリノベーションした小さな秘密基地のようなシェアスペースです。

地元の素材を活かしたカフェも併設されていますので、サイト内のイベントカレンダーをご確認のうえ、ぜひ一度訪れてみてください。

 

 

 

2017年

3月

01日

「長浜くらしノート」に掲載していただきました

長浜市と市民有志でつくる長浜生活文化研究所が、市の魅力をPRするために作成された冊子「長浜くらしノート」に掲載していただきました。

 

豊富な写真とユニークな視点で、移住者らの暮らしぶりが紹介されています。

 

東京・上野の「びわ湖 KANNON HOUSE」で開催中の一周年イベントをはじめ、移住関連や市外の人が集まる行事などで配布されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

2月

24日

長浜ローカルフォト写真展

びわ湖の東北部に位置し、美しい自然に囲まれた歴史と伝統豊かなまち。そして、人の温もりとコミュニティ溢れるまち「滋賀県長浜市」。
そんな長浜で2016年にスタートしたまちの文化とカメラの文化を守る写真プロジェクトが『長浜ローカルフォトアカデミー』。
本写真展「長浜写真」では、プロジェクトメンバー11人などが切り取った長浜写真約30点を展示します。
生き生きとした長浜の未来が写る写真をぜひご覧ください

 

私は上記のプロジェクトメンバーではないのですが、3月5日のトークイベントに以前MOTOKOさんとともに長く活動(田園ドリームプロジェクト)させていただいた一人として参加いたします。

みなさまのご来場をお待ちしています!

1.東京展
期間:2月24日(金)ー3月1日(水)
   11:00-19:00(最終日15:00)
会場:オリンパスプラザ東京
トークイベント:2月25日(土) 15:00-16:30
 「地域と写真~ローカルヒーローの秘密~」 
  月刊ソトコト編集長 指出一正 × 写真家MOTOKO
 https://www.facebook.com/events/1431080800526633/

2.長浜展
期間:3月4日(土)-3月12日(日)
   8:30-17:00(最終日15:00)
会場:湖北観光情報センター四居家
   https://goo.gl/maps/svr3pybvpuR2
トークイベント:3月5日(日) 14:00-16:00
 ・「ローカルフォトからの変化」
   konefa samurai × 写真家MOTOKO(予定)
 ・こだわりスイーツ&コーヒー

3.大阪展
期間:3月17日(金)ー3月23日(木)
   10:00-18:00(最終日15:00)
会場:オリンパスプラザ大阪
トークイベント:3月18日(土)13:00-14:30
 ローカルフォトメンバーによるトークセッション

※3会場とも入場無料
※オリンパスプラザについて
 https://fotopus.com/event_campaign/showroomgallery/

主催:(一社)ローカルフォトラボラトリー
   長浜市
協力:オリンパス株式会社

申込み:不要
問合せ:長浜市市民活躍課 0749-65-8722

 

 

 

0 コメント

2017年

2月

05日

「MUSUBU SHIGA in ワテラスコモン」

落語家の柳家花緑(やなぎやかろく)さんや「MUSUBU SHIGA」プロジェクトのメンバーを招き、創作落語とトークショーを併せた滋賀・びわ湖の魅力発信イベント「MUSUBU SHIGA in ワテラスコモン」が、211日(土)、東京都千代田区の「ワテラスコモン」で開催されます。

 

「湖魚姫」は、「MUSUBU SHIGA」プロジェクトメンバーである相馬夕輝さんが主催する「D&DEPARTMENT」が、柳家花緑さん、作家の藤井青銅さんと展開する47都道府県を題材にした噺を創作し続ける新作落語プロジェクト「d47落語会」で昨年2月に初演された創作落語です。滋賀の比叡山延暦寺、琵琶湖とそれを模して江戸時代につくられた東京・上野の東叡山寛永寺と不忍池を題材にした噺となっています。

トークショーでは「MUSUBU SHIGA」プロジェクトで滋賀の魅力をリサーチした滋賀県出身でもある相馬さんのレポートなどを、同ブランディングディレクターの服部滋樹さん、スペシャルゲストの花緑さんとともに振り返りながら、それぞれの視点で感じたその魅力を来場者にお伝えします。このイベント通じ、滋賀の魅力を新たな視点で紹介するとともに、首都圏の皆さんに滋賀という1つの地域をもっと身近かに感じていただけます。

また、関連イベントとして「滋賀で暮らそう相談会」を開催するほか、ワテラスコモン内にあるセレクトショップ、「Rin8890」では県産品の販売。みたて農園のお米も並びます。

 みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 ■名称
滋賀・びわ湖 魅力体感・発信イベント「MUSUBU SHIGA in ワテラスコモン」

■日程
平成29211日(土) 14:0015:50

■会場
ワテラスコモン 3Fホール (東京都千代田区神田淡路、電話番号:03-5294-6300

2016年

12月

09日

「ことりっぷ」に掲載していただきました

季節毎の旅の楽しみ方を提案する季刊誌「ことりっぷ Magazine」に、湖里庵の左嵜さん、のんきぃふぁーむの石津さんたちとともに掲載していただきました。

 

ふたりの仕事にかける思いと滋賀の魅力が6ページにわたって紹介されていますので、ぜひ書店で手にとってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年

11月

27日

杉玉作りが6年目を迎えました

長浜市木之本町にある富田酒造さんとの酒米の契約栽培が始まった2011年。

その年の秋から毎年杉玉作りをまかせていただくことになりました。

 

今年も11月中旬に、友人たちとともに1日がかりで作業を行ない、およそ直径100cm、重さ60kgの杉玉が無事完成いたしました。

 

杉玉は日本酒の造り酒屋などの軒先に吊るすことで、「新酒を搾り始めました」と知らせる役割があり、吊るされたばかりの緑色の杉玉が、やがて枯れて茶色くなっていく様が新酒の熟成具合を物語っています。

富田酒造へお越しの際は、新酒とともに杉玉の色にもご注目ください。

 

 

 

 

0 コメント

2016年

9月

05日

「ソトコト」に掲載していただきました

本日発売のソトコト10月号の「富田酒造」特集〜の中で、酒米の作り手のひとりとしてご紹介いただきました。

 

取材にお越しいただきましたソトコト編集部の皆様、このたびは誠にありがとうございました。

 

 

 

0 コメント

2016年

8月

03日

朝日新聞コラム「淡海たより」が5回目を迎えました

朝日新聞朝刊でのコラムが5回目を迎えました。

 

日々の思いを文章に書き起こすというのは思っていた以上に大変な作業ですが、自分の考えが整理できるとてもよい機会をいただいたなぁと感じているところです。

 

引き続きお付き合いいただければ幸いです。

 

 

(撮影:中村憲一氏)

 

 

 

0 コメント

2016年

8月

02日

「大阪おいしいパンを買いに」に掲載していただきました

本日発売の京阪神エルマガジン社「大阪おいしいパンを買いに」において、foodscape(福島区)とコラボレーションした米粉パンをご紹介いただいております。

 

その他にも大阪の魅力的なパン屋さんが満載ですので、ぜひ書店で手に取ってみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

7月

05日

「ソトコト」に掲載していただきました

本日発売のソーシャル・エコマガジン「ソトコト」8月号は、長浜市の暮らし案内所「どんどん」が表紙を飾っています。

 

 

「どんどん」は、2016年3月にオープンした古民家を再生させたカフェで、キッチンやワークスペースをレンタルすることもできます。

その「どんどん」の仲間たち、として、私も少しご紹介いただきました。


取材にお越しいただいた皆様、このたびは誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

6月

21日

「コマーシャル・フォト7月号」に、MOTOKOさんのロングインタビューが掲載されています

2010年から4年間にわたり、活動をともにさせていただいた写真家・MOTOKOさんのロングインタビューが「コマーシャル・フォト7月号」に掲載されています。

 

「ローカルフォトで社会を変える」というタイトルで、「田園ドリームプロジェクト」、「小豆島カメラ」、「下田写真部」での活動や、これからの展望についても語られています。

 

ぜひ、書店で手に取ってご覧ください。

 

 

 

0 コメント

2016年

4月

15日

朝日新聞においてコラムの連載が始まりました

朝日新聞朝刊「淡海たより」のコーナーで、4月13日号よりコラムの連載が始まりました。

 

「淡海たより」は、滋賀の湖、山、里で生きる4人の筆者が交代で毎週水曜日にお届けするコラムで、私は「里」の担当となりました。

  

農業の現場で日々感じていることなどをつづっていこうと思っています。

どうぞ末永くお付き合いくださいますようよろしくお願いいたします。

 

 

(撮影:中村憲一氏)

 

 

 

0 コメント

2016年

2月

25日

「STANDARD BOOKSTORE ABENO+ VOL.2」に出店いたします

3月12日土曜日に開催される「STANDARD BOOKSTORE ABENO+ VOL.2」に出店いたします。

みなさまのご来場をお待ちしております!

 

(以下、イベントページより)
カワイイも
COOLもおトクも大好きだけど、私たちの心を強く揺さぶるには少し物足りない...「あぁ...なんて美しいんだろう」そう感じた瞬間に私たちの心は高鳴ります。

 

ひと目で魅了されるアクセサリー、みずみずしい色彩で彩られた文具や雑貨、完璧なたたずまいに圧倒される国産スニーカー、美しくなれるお茶や食材など、心に働きかけてくる美しいものを集め、マーケットスタイルで販売します。

カフェでは食べるのが惜しいぐらいのBeautifulな限定フードの販売も!

 

この春、自分好みの美しいを探しにぜひお越しください。

みなさまのご来場をこころよりお待ちしております。

出店者情報はこちら

 

 

 

0 コメント

2016年

2月

22日

長浜 × ソトコト 水辺まちづくりトーク in 東京

 

3月6日(日)に東京で開催されるイベントに登壇させていただきます。

みなさまのご来場をお待ちしております!

 

(以下、ソトコトウェブサイトより)
滋賀県長浜市は、琵琶湖北東部に位置しています。湖北と呼ばれるこの地域には、伊吹山系から琵琶湖へ流れる清らかな水が、美しい水辺景観を創りだしています。市街地を流れる米川の清流は、その付近に神社や地蔵堂、曳山蔵などが点在するなど、人々の暮らしと深く結びつき、四季折々に様々な表情を見せます。この米川にかかる「どんどん橋」のたもとにある長屋を改築し、農家や建築家などが集まるシェアスペースを作り、これからのまちづくりをしていこうというのが「どんどん橋プロジェクト」です。

今回は、この「どんどん橋プロジェクト」の中心メンバーのみなさんにお越しいただき、プロジェクトの事例紹介などを含めた、今注目の水辺のまちづくりについてのお話をお伺います。ファシリテーターは、ソトコト編集長の指出一正がつとめます。両者のやりとりから生まれるお話はここだけしか聞けません。

長浜、シェアスペース、水辺、まちづくり、ローカル、リノベーション……。気になるキーワードが盛りだくさんのトークイベントです。トークのお供には、長浜のおいしい食べ物をご用意。みなさまのお越しをお待ちしています!

長浜×ソトコト
滋賀県長浜市の水辺まちづくりトーク in 東京

日 時 : 3月6日(日)15:00~17:00
会 場 : 東京・ロハスカフェARIAKE
      東京都江東区有明3-3-3
      武蔵野大学有明キャンパス3号館2F
参加費 : 無料

スケジュール
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
14:30~ 受付・開場
15:00~16:30 水辺のまちづくりトーク
16:30~17:00 交流会

お申し込み
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
参加ご希望の方は以下より、お申し込みください。
http://www.sotokoto.net/extdb/160306nagahama/

 

 

 

0 コメント

2016年

2月

10日

MUSUBU SHIGA 空想 MUSEUM @ VACANT

滋賀県の魅力をデザイナーやアーティストとともに発信するプロジェクト「湖と、陸と、人々と。MUSUBU SHIGA」と、滋賀県の成安造形大学【キャンパスが美術館】の共催企画展「MUSUBU SHIGA 空想 MUSEUM」の巡回展が開催されます。

 

 

この展覧会では、MUSUBU SHIGAのリサーチや近江学研究所が培ってきたコンテンツを元に、歴史、近江学の現在、資源と営みなどのカテゴリに分けながら、背後にある意味を明らかにし、新しい近江の姿を浮き彫りにしました。

 

 

今回の展覧会では、それらの展示に加え、新たなリサーチコンテンツや滋賀県の魅力のつまったグローサリーや雑貨の販売、そしてMUSUBU SHIGAのリサーチャーを迎えたトークイベントなどが盛りだくさん!!

 

 

当農園のお米も展示・販売していただいております。
みなさまのご来場心よりお待ちしております!

 

 

巡回展詳細→ MUSUBU SHIGA 空想 MUSEUM @ VACANT 

2016年

2月

05日

「dancyu」に掲載していただきました

本日発売の「dancyu」。


その中の、田んぼは語る酒米の話「七本鎗と玉栄」のページに掲載していただきました。

 

みなさん、ぜひ書店で手に取ってみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

1月

04日

「ソトコト」に掲載していただきました

 

本日発売の「ソトコト」創刊200号において、長浜市でスタートする「どんどん橋プロジェクト」の記事を掲載していただきました。

 

このたびはこのような機会をいただけたことを大変光栄に思います。

取材にお越しいただいた皆様、このたびは誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2015年

10月

30日

「TRANSIT」に掲載していただきました

本日発売の「TRANSIT(トランジット)30号


そのBOOK in BOOK「滋賀長浜ガイド」の案内人としてご紹介いただきました。

長浜市の魅力的な人、スポットが満載ですので、ぜひ書店で手に取ってみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2015年

10月

28日

さかだちレコメンドvol.3 みたて農園

岐阜市のさかだちブックスさん主催の「SAKADACHI Recommend」。

「SAKADACHI Recommend」では、世の中を様々なかたちで楽しんでいるゲストを招いて、展覧会やLive、ワークショップ、トークショーなどを企画されています。

その第3回目のゲストとして、このたび登場させていただくこととなりました。

 

当日は会場一帯で「サンデービルヂングマーケット」も開催されます。
みなさまのご来場を心よりお待ちしております!

 

 

 

0 コメント

2015年

10月

08日

MUSUBU逸品として御紹介いただきました 

滋賀県の魅力をより県外へ、世界へと発信し、ブランド力を高めていく為に発足された湖と、陸と、人々と。MUSUBU SHIGA」プロジェクト。

 

そのウェブサイト上で、滋賀のMUSUBU逸品のひとつとして「みたて米」を御紹介いただきました。

 

   【MUSUBU逸品 セレクト心得 5箇条】

  • 1・滋賀県で永く息づいているモノ(歴史)
  • 2・丁寧さがわかるモノ(つくられ方)
  • 3・文化を感じるモノ(地域性)
  • 4・心がこもった顔をしているモノ(デザイン性)
  • 5・チャレンジ精神をもって作られたモノ(革新的)

 

当農園のお米をセレクトしていただいたMUSUBU SHIGAの皆様、このたびはありがとうございました。

 

 

 

0 コメント

2015年

9月

30日

イベント情報「good food camp 2015」

地元の友人たちとともにイベントを企画しました。

ステキな出店者さん、出演者さんが勢ぞろい!

みなさまのご来場をお待ちしております!

 

 

 

日時:11月7日土曜日 開場 11:00 開演11:30~15:00 (雨天中止)

会場:滝と渓流の高山キャンプ場 滋賀県長浜市高山町2324

料金:大人4500円 小学生1500円 小学生未満無料 (食事1ドリンク付き)

定員:最大100名 要予約

予約/問い合わせ:参加クリック または info@mitate-nouen.jpまで


※入場料には3名のシェフそれぞれの料理と1ドリンク代が含まれています。 

※イベント終了後、コテージ(お一人様2800円)またはキャンプサイト(お一人様500円)にて宿泊していただくことも可能です。詳しくはメールにてお問い合わせください。

 

 

 

0 コメント

2015年

9月

24日

お取り扱い店のご紹介

みたて農園のお米を食材として使っていただいている&置いていただいているお店を一部ご紹介します。

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください!

 

【大阪府・兵庫県】

 

・お米をご利用いただいているお店

スタンダードブックストアあべの (大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目2−30 HOOP6F)

スタンダードブックストア心斎橋 (大阪市中央区西心斎橋2丁目2−12)

スタンダードブックストア茶屋町 (大阪市北区茶屋町8−26 Nu茶屋町プラス212号)

ノイカフェ苦楽園店 (西宮市樋之池町9丁目12)

ノイカフェ千里店 (箕面市船場西3丁目6−40)

ハローライフ (大阪市西区靱本町1丁目16−14)

ポパンクールカフェ (箕面市船場東2丁目3−56)

やきとり ばかや (大阪市北区中之島3−3−23ダイビル2F)

cafe eden (吹田市江の木町5−26)

URBAN RESEARCH DOORS DINING 南船場店 (大阪市中央区博労町4−4−6)

 

・米粉をご利用いただいているお店

foodscape!  (大阪市福島区福島1−4−32)

 

・お米を置いていただいているお店

 

graf (大阪市北区中之島4−1−9)

FARMAN KITCHEN MARKET(吹田市津雲台7−5−16)

 

 

 

0 コメント

2015年

9月

23日

6年目の農業体験

今年もたくさんの方々に農業体験にお越しいただきましたが、その中でもFM802のDJ・土井コマキさんには春の田植え、夏の草取り、秋の稲刈りと3度もお手伝いをしていただきました。

 

12年前に農業を始めた頃は「農作業したい若い人なんているのかな?」と思っていたんですが、6年前から始めた農業体験に来る人たちの反応を観て価値観が大きく変わりました。

 

自分の職業である農業がどこかの誰かに必要とされていると感じること。

それが日々の仕事の大きなモチベーションになります。

これからも長く続けていきたいですね。

 

今年は他にも、浅井千穂さん、アイザックさん、堀田裕介さん、岐阜のリトルクリエイティブセンターご一行様にもお越しいただきました。

お疲れ様でした。また来年もお待ちしています!

 

土井コマキさんのウェブサイトMEGANE GO! ROUND!

現在のレギュラー番組
FM802「MIDNIGHT GARAGE」(毎週火曜日24:00-27:00)
FM802「BEAT EXPO」(毎週水曜日・木曜日19:00~21:00)

 

 

 

0 コメント

2015年

8月

18日

FANTASTIC MARKETに出店いたします

秋のはじまり。田畑からの秋の恵みが豊富に集まり「食べること」が楽しい季節。マーケッターズ(生産者/出店者)のみなさんが丹精込めてつくった、採れたて、選りすぐりのおいしい食材たちが大集合!秋の実りが皆様の食卓が豊かに、そしてみんなで食べることが楽しくなりますように。皆さまのお越しを心よりお待ちしています! 

日時 / 2015926日(土)27日(日) 
時間 / 11:00 - 17:00
場所 / ハービスPLAZA ENT B1エントランス付近
大阪市北区梅田2-2-22
雨天決行  雨天会場 / B2エントランス付近

 

出展者などの最新情報は「FANTASTIC MARKET

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

0 コメント

2015年

8月

17日

「STANDARD BOOKSTORE ABENO+」 vol.1

ご縁をいただいている「STANDARD BOOKSTORE あべの」さんで、9月12日(土)に開催される特別なイベントのご案内です。

 

 

(以下、STANDARD BOOKSTORE あべのブログより)

いつものお店をはみだして

たくさんの人たちとつながって

一緒に楽しんで 発見し 共鳴して

新しい世界へと広がっていく

 

「まちの本屋」がお届けする特別な1日」

 

スタンダードブックストアあべので関わりの深い作家さんやイチオシの人たちをお呼びして、 マーケットスタイルでの販売や、ワークショップやイラストサイン会などを行います。いつもよりプラスで楽しい企画が盛りだくさんのイベントです!

 

【出店予定】

堀内果実園

match point

off(和紙のオオウエ×活版の船木印刷)

&SOIL

mon coeur+u

mimirazumuika

みたて農園


【セミナー】

箕面ビールセミナー


【イラスト&サイン】

 

ニシワキタダシ×えちがわのりゆき

 

イベント詳細は「STANDARD BOOKSTORE あべの」

 

 

 

2015年

6月

25日

堀田さんプロデュースのお店「foodscape!」がオープン!

623日、友人である料理開拓人・堀田裕介さんのお店「foodscape!」が大阪・福島にオープンしました。


1Fには堀田さんが色んな食にまつわる活動をする中で出会った生産者さんの食材を使ったパンが並び、

2Fは「foodscape」や「EATBEAT!」を手がけるアトリエキッチンとなっています。


みなさま、全国各地の魅力的な食材を使ったパンを、ぜひお店で味わってみてください!



「foodscape!」

1F. Farm to Bakery 2F. Atelier Kitchen

[営業時間]8:00-20:00

[定休日]不定休

TEL06-6345-1077

553-0003 大阪市福島区福島1-4-32




0 コメント

2015年

6月

23日

ミルキークイーンのおいしい炊き方

粘りが強くモチモチした食感が特徴のてんおう米(ミルキークイーン)。


そのおいしい炊き方をご紹介します。


画像をクリック・拡大してご覧ください。























0 コメント

2015年

6月

08日

今年の田植え、無事終了しました

今年も3月から、あきたこまち、こしひかり、ミルキークイーン、玉栄の栽培が始まっています。
6月6日にすべての田植えを終え、このあと水量の管理、溝切り、肥料まきなどの作業が続きますが、収穫の日までしっかりと育ててまいります!


そして、今年もたくさんの人たちに体験にお越しいただきました。

お手伝いいただいたみなさま、ご協力ありがとうございました!



0 コメント

2015年

6月

05日

「堂場瞬一の100冊プロジェクト」CUTNOVELが公開されました

恐縮ながら「堂場瞬一100冊プロジェクト」CUTNOVELに出演させていただきました。


この映像は東京都内ジュンク堂などで公開されております。

監督の新立翔さん(STUDIO-SHINLIY-新立映劇館)、お声がけいただきありがとうございました。

共演者のみなさまもありがとうございました。

 

 

 

0 コメント

2015年

4月

18日

「湖と、陸と、人々と。MUSUBU SHIGA」

滋賀県の魅力をより県外へ、世界へと発信し、ブランド力を高めていく為に発足された湖と、陸と、人々と。MUSUBU SHIGAプロジェクト。


そのFILM #2は、各地の風土から生まれる食と生産者、そして食べる人々をつなぐプロジェクト「eatrip」の

ディレクター野村友里さんが、「発酵」をテーマに個性的な生産者のもとを訪ねた映像となっています。


みなさん、ぜひご覧ください!
フードディレクター野村友里が、むすぶ滋賀の「食」



0 コメント

2015年

4月

08日

みたて農園のお昼ごはん
























いつもお世話になっているあふみ舎さんでの1日限定カフェのご案内です。


〜みたて農園のお昼ごはん〜


4月29日(水)から始まる伊藤聡信さんの個展に合わせ、長浜のお米農家みたて農園のお昼ごはんを伊藤さんの器で召し上がって頂ける会を催します。また当日は16時頃までみたて農園カフェとして、季節のドリンクも提供します。
詳細は下記ご確認下さい。


✒みたて農園のお昼ごはん
日 時/4月29日(水)11時から
価 格/1,000円
定 員/10名先着順(予約可)
長浜のお米農家さん「みたて農園」のお昼ごはんを伊藤さんの器で召し上がっていただきます。ワンプレートに汁物とドリンク付きです。


✒みたて農園カフェ
日 時/4月29日(水)11時から16時
内 容/一日カフェとお菓子類の販売等




0 コメント

2015年

2月

18日

graf studio workshop

大阪中之島のgrafさんでイベントを開催させていただきます。


〜みたて農園の「お味噌づくり」ワークショップ

お味噌をつくってみませんか?〜


滋賀県湖北より、みたて農園(米農家)の立見茂さん・真実さんご夫婦を講師にお迎えし、みたて農園の大豆、米麹を使い、お味噌づくりのワークショップを開催します。

 

つくったお味噌はお持ち帰りいただき、ご自宅で熟成させ、夏頃にはお召し上がりいただけます。

 

できあがりまで少し時間が掛かりますが、きっと新しいおいしさに出会えるはず!

皆さまの奮ってのご参加をお待ちしています!


日時:2015年2月25日(水)19:00 start - 21: 30 終了予定
定員:6名
講師:立見茂・真実(みたて農園)
会費:3,500円 ※材料費込み、みたて米おにぎり+味噌汁付
場所:graf studio (大阪市北区中之島4-1-9 graf studio 1F)
持ち物:エプロン、タオル、筆記用具、味噌2kgを持ち帰るための手提げ袋
ご予約・お問合せ:店頭または電話かメールにて<お名前><連絡先><人数>をご連絡ください。
(graf 電話:06-6459-2100 mail:event@graf-d3.com /担当:川西)

 

 

 

0 コメント

2015年

2月

01日

味噌作り体験を開催いたしました

暮らしと生活道具のギャラリー「あふみ舎」さんにおいて、当農園の大豆を使った

味噌作り体験を開催いたしました。


煮込んだ大豆を細かく砕く作業から始まり、塩と麹をまぜる「塩切り」のあと、さらにそれぞれを混ぜ合わせて器に入れる。

今から半年間、じっくり発酵させれば出来上がりです。


言葉にすると簡単ですが、みなさん2時間かけてゆっくり丁寧に作業をしておられました。

自分だけの手作り味噌には市販の味噌では味わえない美味しさがあります。

半年後が今から楽しみですね!




0 コメント

2015年

1月

23日

「天然生活」に掲載していただきました

「わたしの街から」というコーナーで、冨田酒造さんの酒粕を使った我が家のお鍋をご紹介いただきました。

 

きっかけをつくっていただいた編集部の北島様、このたびはお世話になりありがとうございました。

みなさん、書店でぜひ手にとってみてください。

 

〜ていねいな暮らしを楽しむ雑誌〜 「天然生活

 

 

 

 

 

  

 

 

2015年

1月

23日

余呉湖へワカサギ釣りに行ってきました

毎年恒例のワカサギ釣りに余呉湖へ行ってきました。

 

今年の釣果は3人で30匹ほど。
期待していたよりは少なかったのですが、その場で天ぷらにして美味しくいただきました。

今シーズンの余呉湖ワカサギ釣りは3月31日(火)までです。
みなさんもぜひ体験してみてください!


今回ご縁があってご一緒させていただいた映画監督の三原光尋さんの新作映画「あしたになれば」は、2月14日(土)より大阪あべのアポロシネマにて先行公開です。
みなさんぜひご覧ください!
映画あしたになれば

 

そして今回一番多く釣り上げたのは友人のカメラマン・浅井千穂さんです。
とてもステキな写真を撮るカメラマンさんです。

浅井さんのWebサイトも合わせてご覧ください!
ASAI CHIHO photography

 

 

 

0 コメント

2014年

12月

25日

文芸春秋・馳星周「復活祭」CUTNOVELに出演させていただきました

恐縮ながら文芸春秋・馳星周「復活祭」CUTNOVELに、斎藤美千隆役で出演させていただきました。


この映像は東京駅八重洲ブックセンターなどで公開されております。

監督の新立翔さん(STUDIO-SHINLIY-新立映劇館)プロデューサーの川瀬貴詠さん(BILLY VERY)、このような機会を与えていただきありがとうございました。

共演者のみなさま、衣裳協力いただいたみなさまもありがとうございました。

 

  

 

0 コメント

2014年

11月

19日

「しがトコ」に掲載していただきました

滋賀の魅力を発信するプロジェクト「しがトコ」さんに、 10月25日に開催した「新米の会」の様子を掲載していただきました。

  

ご興味のある方は是非ご覧ください!

 

滋賀のええとこ「しがトコ

暮らしと生活道具「あふみ舎


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2014年

11月

19日

自然の恵み

鮎、タケノコ、クルミ、銀杏。


今年採れた自然の恵み。



0 コメント

2014年

9月

25日

FANTASTIC MARKET IN HERBIS07 "HARVEST” 

ファンタスティックマーケットに出店いたします。

実りの秋を迎え、マーケッターズ(生産者/出店者)のみなさんが丹精込めてつくった、採れたて、選りすぐりのおいしい食材がFANTASTIC MARKETにやってきます。新米、果物、野菜に調味料。天然酵母のパンに焼き菓子、コンフィチュールなどの他に、会場限定の商品も店頭に並びます。食卓がおいしい秋で溢れるしあわせな季節を、おなかいっぱいお召し上がりください。皆さまのご来場、心よりお待ちしています!

日程 / 2014年10月11日(土)・10月12日(日)
時間 / 11:00 - 17:00
場所 / ハービスPLAZA ENT B1エントランス付近
※雨天決行  ※雨天会場 / B2エントランス付近

出店者一覧




0 コメント

2014年

9月

24日

「みたて農園カフェ」のお知らせ

長浜市のあふみ舎さんにおいて、10月4日から13日まで宅間祐子さんの作陶展が開催されます。

その初日となる10月4日土曜日に、1日限定「みたて農園出張カフェ」を出店いたします。

わが農園の大豆やお味噌を使ったお菓子やお茶、季節の果物のドリンク、グラノーラの販売も予定しています。


当日は宅間さんも在店されますし、4日と5日はアートイン長浜も開催されますので、みなさまお誘い合わせの上是非お越しくださいませ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2014年

7月

22日

KOKOKUキャンパス #17

透きとおる水がここちよい真夏の奥びわ湖を、カヤックのパーティーを組んで冒険しましょう!!

・隠れ里「菅浦」からスタート、目指すは陸からは近づくことのできないつづら尾崎の先端。
・果たしてそこにはどんな景色が待っているか!?  上陸して湖北の旬の食材を使ったお弁当を味わいましょう
・インストラクターのサポートあり。初心者でも気軽にご参加頂けます。

■ 日時
  2014年8月16日(土)10:00〜15:00

■ スケジュール
 1)集合・受付/10:00 @つづらお荘(長浜市西浅井町菅浦580)
  ※ バス送迎あり
   ・長浜方面の方 9:04(近江塩津駅)
   ・京都方面の方 9:31(永原駅)
 2)ガイダンス・出艇/10:30
 3)上陸・昼休憩/12:00
 4)出艇/13:00
 5)帰艇・中締め/14:00 @つづらお荘
 6)休憩・解散
  ※ 大浴場利用可能
  ※ 永原駅までの送迎バスあり(15:20 つづらお荘発)
 7)懇親会/16:00 @つづらお荘
 8)解散/18:00
 * 荒天時はカヤックを出艇できませんが、地元ガイドを伴って、普段はなかなか足を踏み入れることのないつづらお崎先端周辺の散策など、別メニューを用意しております。もちろん「湖北の恵み弁当」をご用意しておりますので、お楽しみに!! 

■ 持ち物
  飲み物、サンダル、帽子、濡れてもよい服装、着替え、メガネバンド(眼鏡・サングラス着用者)
 *水上で転ぶリスクあり。携帯電話やカメラその他の携行は自己責任。
 *日焼けを避けたい方はクリームよりも長袖着用がおすすめ。

■ 参加費
  7,000円(税込み)
 *懇親会の参加費は別途1,500円(税込み)+飲み物代です。水上では参加者や主催者同士の交流がむずかしいので、ご都合がよろしければぜひ懇親会へもご参加ください!

■ 対象年齢
  短時間ですが各自パドリング要。そのため参加対象は小学5年生以上とさせていただきます。

■ 申込方法
  次のいずれか
 1)当イベントページで「参加」をクリック
 2)メール/ info@kokoku.org
 3)電話 / 0749-74-3671(KOKOKU代表佐野)

 *申込時に次の内容についてご確認させていただきます
  ①氏名
  ②ご連絡先
  ③使用するカヤックの希望(一人乗りor二人乗り)
  ④送迎のご希望
  ⑤懇親会参加のご希望
 *万が一、参加申込後にキャンセルをされる方は開催3日前までにご連絡ください。


その他ご不明な事柄について、お気軽にお問合せください
以上、ご参加をお待ちしております!!

 
0 コメント

2014年

6月

03日

今年も田植え体験にお越しいただきました

いつも現場では1人でいることが多いので、こうして色んな方々に訪れていただけると気分もリフレッシュできます。

農産物も農家自身も風通しのよい状態に。これからも大切にしていきたいと思う部分です。



0 コメント

2014年

4月

01日

今年もお米作りが始まっています

いよいよ今年もお米作りの季節がやってきました。

 

より多くの方々においしく召し上がっていただけるように今年も頑張ってまいります!

 

 

 

0 コメント

2014年

2月

03日

知り100 「峠越えで俳句をひねる」

のんきぃファームの石津大輔くんに誘われて、知ったつもりにならないでリアルに体験した方がいい日本の100「知り100」を体験してきました。

 



今回の企画は「暗峠で俳句をひねる」です。詳しくはオロナインウェブサイトで!



0 コメント

2014年

1月

06日

KOKOKUキャンパス #14 「雪やまハイキング」

「KOKOKUキャンパス」第14弾は、雪やまハイキング。

四季折々の表情を魅せる湖北の山やま。今回登るのは標高422メートルの賤ヶ岳です。

山頂では、北に余呉湖、南には連なる山やまと大地、そして雄大に広がる琵琶湖が一望。
当日は地元のガイドが引率し、雪やまの登り方や賤ヶ岳の魅力などをお伝えします。

冬の想い出に家族や友人を誘って、雪やまで遊びませんか

日程:2014年2月2日(日)
締切:1月24日(金)
※1月25日時点の雪の状況で実施か延期かの決定をいたします。

時間:9:00~16:00
集合:JR余呉駅
内容:雪に覆われた賤ヶ岳をスノーシューで登ります
   KOKOKUオリジナルお弁当付き
参加費:5000円(昼食、スノーシューレンタル代、保険料、ガイド料) 

服装、持ち物:スノーブーツ(軽登山靴、硬い長靴など)、手袋(2枚重ねが効果的)、防寒用帽子、サングラス、リュック(20ℓ前後)、登山用の下着、スパッツ、雪に濡れてもよい服装(スキーウエアなど)、飲み物(テルモスなどで温かいもの)

お問い合わせ先:info@kokoku.org 
主催:KOKOKU
協力:ウッディパル余呉



0 コメント

2013年

12月

17日

「FANTASTIC MARKET in HERBIS 04」に出店いたします

冬のごちそうあつめよう。HERBIS ENTのクリスマスマーケット

 

オーガニック野菜や天然酵母のパン、コンフィチュールに焼き菓子、雑貨など、思わず欲しくなってしまう素敵な商品が盛りだくさん!マーケッターズ(出店舗)の皆さんがサンタクロースさながらに、ハービスENTにやってきます!パーティーや年末の挨拶など、誰かと会う機会が多いこの季節、贈り物にピッタリの心のこもった商品が勢揃い!おいしいごちそう集めよう、ENTのクリスマスマーケット!皆さまのご来場、お待ちしています!

 

日程 / 2013年12月22日(日)、12月23日(月・祝)

時間 / 11:00 - 17:00
場所 / ハービスPLAZA ENT (館内3F・一部B2エントランス付近)

 



0 コメント

2013年

12月

07日

grafさんのサイトに掲載していただきました

当農園のパッケージデザインなどはgrafの横山道雄さんに担当していただいています。

最初にデザインをしていただいた日から2年が経ち、そのgrafさんに、農業のこと、農園のこと、デザイナーさんとの関わりについて取材をしていただきました。

過去の話となると恥ずかしい内容もありますが、今の自分があるのはそんな過去のおかげだと思って色々とお話させていただきました。


取材にお越しいただいた小坂さん、grafのみなさん、いつもお世話になり本当にありがとうございます。


インタビュー記事

 

 

 

 

 

0 コメント

2013年

10月

21日

FM COCOLO 「Thanks Week!」

FM COCOLOさんのリスナーの方々へ、本日~27日(日)までの1週間、うちのお米がプレゼントされるという企画が始まりました!

 

詳しくはFM COCOLOさんのウェブサイトをご覧いただき、是非お聴きになってください!

FM COCOLO

 

 

 

 

 

 

 



0 コメント

2013年

10月

14日

「北加賀屋みんなのうえん祭」に出店いたします

10月19日土曜日に、CCOクリエイティブセンター大阪(名村造船所跡地)にて開催される「北加賀屋みんなのうえん祭2013」に出展いたします。

 

内容盛りだくさんのイベントです!みなさまのお越しをお待ちしております!

 

詳しくは、みんなのうえんのウェブサイトをご覧ください。

 

 

 

0 コメント

2013年

10月

03日

「Odecake」、「しがひとめぐり」に掲載していただきました

Odecake」、「しがひとめぐり」において当農園をご紹介いただきました。

 

このたびはこのような機会をいただけたことを大変光栄に思います。


取材にお越しいただいた関係者の皆様、このたびは誠にありがとうございました。



0 コメント

2013年

9月

25日

FANTASTIC MARKET in HERBIS

今週末、梅田のHERBIS PLAZA entで開催されるFANTASTIC MARKET!
総勢20店舗以上の出店者さんたちの旬の品々が勢揃いします!

館内にて3000円(税込)以上お買い上げのお客様にはうちの新米がプレゼントされますー。みなさまぜひ!

 

イベントの詳細はこちらをご覧ください。

FANTASTIC MARKET

 

 

 

0 コメント

2013年

9月

02日

枝豆の収穫まであと少し

7月に植えた大豆の小さな種がまもなく枝豆に姿を変えようとしています。

新鮮な枝豆を食べてみたい!という方がいらっしゃいましたら、この機会にぜひ枝豆狩り体験をどうぞ。(9月下旬〜10月上旬の期間限定 1株70円〜)

 

詳しくはメールにてお問い合わせください。

 

 

 

0 コメント

2013年

8月

23日

稲刈りイベントのご案内

 

6月1日の田植えイベントから4ヶ月。
みんなで植えたあの小さな苗が、いよいよ実りの時を迎えます!
昼食にはメンバーの新米をご用意させていただく予定です!
滋賀期待の新品種(みずかがみ)も登場予定
皆様のご参加をお待ちしております!!

<概要>
日時:9月16日(月)(祝) 9時30分~15時
集合場所:滋賀県長浜市三田町351 「百匠屋

またはJR北陸線 虎姫駅
(虎姫駅に9時15分着の電車で送迎有り。大阪7:30出発です。電車の方の集合は虎姫駅駐車場にお願いいたします)

内容:田んぼで稲刈り&におつくり・湖北の旬を使った料理と釜炊きご飯のお食事付き・マルシェ同時開催
参加費:2500円  小学生1500円 小学生未満無料 
締め切り:9月10日(火) 
定員(30名)になり次第、締め切らせていただきます。

お問い合わせ・お申し込みはメールにてお願いいたします。
(宛先:biwanoumii@gmail.com) 件名:稲刈りイベント参加希望
担当 中島 
※参加を希望される方全員の氏名、代表者の電話番号、現地までの交通手段をご記入のうえお申し込みください
持ち物:服装:タオル、汚れてもよい靴・服装(長袖・長ズボン)、帽子


 

0 コメント

2013年

7月

01日

新しいワークプレイス 「HELLO life」

大阪の靭本町の「ハローライフ」さんを見学させていただきました。

「ハローライフ」は、働きたくても働けない若者が多い時代に、求人情報のみではなく、自分に合う仕事や働き方を見つけたり、仕事について話ができる仲間に出会える場所です。

代表の塩山さん自身が不登校を経験され、それを開示されていることも大きな共感を呼んでいるのだと思います。

お仕事をお探しの方も、そうでない方もご興味のある方はぜひお立寄りを。 (1Fのカフェのご利用はどなたでも大歓迎とのことです!) 

ハローライフ「館内の紹介、設立に至ったエピソード」
(greenzより)

 

※写真は代表の塩山さん(左)とスタッフの瀬光さん
堀田裕介さんのご紹介で、うちのお米もご利用いただいております。 



 

 

 

 

0 コメント

2013年

6月

05日

今年の田植え、無事終了しました

今年も順調に作業が進み、無事に田植えを終えることができました。

台風などの被害が出ないことを祈りながら、収穫の日までしっかりと育ててまいります!


そして、今年もたくさんの人たちに体験にお越しいただきました。

これからも人の行き交う農園でありたいと思っています。

 

 

 

0 コメント

2013年

5月

30日

「情熱湖国」

昨年からお世話になっている堀越一孝さんにインタビューしていただきました。

堀越さん、いつも応援していただき本当にありがとうございます。

 

インタビュー前編

インタビュー後編

 

堀越さんは、奥様と夫婦ユニット(homk)で2009年より絵本や絵画、写真の制作活動をされています。

ぜひ、homkさんの作品も合わせてご覧ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2013年

5月

15日

今年もお米作りが始まっています

お米作りが始まっています。

今年は肌寒い春となりましたが、苗も順調に生長し、無事に田植え作業を迎えることができました。

 

農業をしていて楽しいことは、これはこんな風にしたら解決できる!という直感がひらめいた時。

農業を始めて10年目になりますが、まだまだ新しいやり方、クリエイティブな農業を模索中です。

 

 

 

0 コメント

2013年

5月

01日

田植えイベントのご案内

今年も田植えイベントの季節がやってきました!
触れ合う機会が少なくなった農作業を、春の暖かな日差しの中、素足で田んぼに入ったり、田植え機に搭乗体験してみませんか!?
お昼には、ここでしか味わえないビワマスのたたき丼!そして地元新鮮食材を使った豚汁とともにビワマスのたたきのおみやげ付きです。
みなさまのご参加をお待ち致しております!!

※前日17時の時点で降水確率60%以上の場合は中止とさせていただきます。(参加者の皆様へは中止の場合のみ、ご連絡させていただきます)

<概要>

日時:6月1日(土) 午前9時40分~午後4時

会場:滋賀県長浜市三田町351 「百匠屋
集合場所:JR北陸線「虎姫」駅(電車の方のみ送迎あり、お車の場合は直接、百匠屋まで)

内容:田植え(手植え)、みんなでビワマスのたたき丼のお昼ご飯、田植え機による田植え(搭乗体験)
参加費:3,000円 小学生2,000円 小学生未満無料
定員:30名
持ち物・服装:汚れてもよい服装、帽子、タオル、長靴(裸足に抵抗がある方)、
ビーチサンダル


お申し込み、お問い合わせは、氏名・電話番号・交通手段をご記入のうえ下記までお願いいたします
e-mail:kade77@gaia.eonet.ne.jp (担当:立見、清水)

集合場所(JRの場合 虎姫駅9:15着(大阪駅7:28発、京都駅8:00発)お車の場合 百匠屋に9:30集合)

 

 

 

0 コメント

2013年

2月

28日

「FANTASTIC MARKET!」〜冬のたのしみ〜

今年第2回目のFANTASTIC MARKET


今回は冬のたのしみ”おもちつき”も同時開催!


搗きたてのあつあつのお餅や各マーケッターズさんとのコラボメニューも登場します!
身体の芯から温まるおいしい冬の食べ物をご用意して、皆様のご来店を心よりお待ちしております。



<マーケッターズ(出店舗)>

コネファサムライプロジェクト:滋賀県湖北よりお米・味噌などの加工品・採れたていちご、焼菓子など
VegeMerry:からだに優しい国産野菜と果物の創作コンフィチュールやシロップ
尚茶堂:佐賀県 嬉野茶の本当の旨みをお届けします
蜜香屋:賢の土で育てた種子島産安納芋の焼き芋に今回は安納焼き芋ぜんざいも登場
graf groccery:食料品、焼菓子、調味料、オリーブオイルなどおいしい食材をセレクト。 
Alwaan:オリーブの原産地ヨルダンのエクストラバージンオリーブオイルと中東雑貨の販売
ムカイ林檎店:産地直送にこだわった、香り高く美味しい完熟りんごをお届け。

日時:2013年2月17日(日)11:00 - 17:00
※konefaの“おもちつき”は14時頃 / 16時頃を予定しております。
会場:graf studio 1F
facebook イベントページはこちら!

 

 

 

0 コメント

2012年

12月

01日

KOKOKUキャンパス#11 「湖北の冬やま 賤ヶ岳スノーハイキング」

湖北の冬やま 賤ヶ岳スノーハイキング
〜雪、やまのぼり、スノーシュー。湖北の自然で遊ぶ冬の遠足〜


===============================
「コホクキャンパス」第11弾は、雪やまハイキング。
四季折々の表情を魅せる湖北の山やまを巡るシリーズ第1弾です。

はじめに登るのは、冬の賤ヶ岳。
みんなでスノーシューを履いて、雪に覆われた標高422メートルを登ります。
山頂では、北に余呉湖、南には連なる山やまと大地、そして雄大に広がる琵琶湖が一望。
さらに、当日はプロのガイドが引率し、雪やまの登り方や賤ヶ岳の魅力をお伝えします。

今年最後のハイキング。
冬の想い出に家族や友人を誘って、雪やまで遊びませんか

==========================
=====
日程:2012年12月22日(土)
※予備日は1月5日(土)、1月12日(土)
※12月17日時点の雪の状況で実施か延期かの最終発表をいたします
時間:9:00~16:00
JR余呉駅

内容:雪に覆われた賤ヶ岳をスノーシューで登ります
山頂でKOKOKUオリジナルのお弁当を昼食
かまくら・雪合戦・ソリなどのレクレーション
参加費:3,000(昼食、スノーシューレンタル代、保険料、ガイド料) 会費は受付時に徴収いたします。
服装、持ち物:スノーブーツ(軽登山靴、硬い長靴など)、手袋(2枚重ねが効果的)、防寒用帽子、サングラス、リュック(20ℓ前後)、登山用の下着、スパッツ、雪に濡れてもよい服装(スキーウエアなど)、飲み物(テルモスなどで温かいもの)
注意事項:賤ヶ岳のトイレは冬季閉鎖されておりますので、出発後にトイレはありません。最悪の場合は青空トイレとなることをご了承ください。
定員:20(小学3年生以上)
応募方法:インターネット予約:facebookイベントページ
メール予約  :info@kokoku.org
お問い合わせ先:info@kokoku.org TEL:090-8938-8440(立見)
                   090-9219-7391(岩嵜)
主催:KOKOKU
協力:ウッディパル余呉

 

 


0 コメント

2012年

11月

26日

「Leaf」、「TURNS」に掲載していただきました

Leaf」において当農園を、「TURNS」において所属するKOKOKUの活動についてご紹介いただきました。

 

このたびはこのような機会をいただけたことを大変光栄に思います。

取材にお越しいただいた皆様、このたびは誠にありがとうございました。

 

 

 

0 コメント

2012年

8月

22日

konefa 稲刈りイベント

6月3日の田植えイベントから4ヶ月。
みんなで植えたあの小さな苗が、いよいよ実りの時を迎えます!
昼食にはメンバー全員の新米をご用意させていただく予定です!
皆様のご参加をお待ちしております!!

※前日17時の時点で降水確率60%以上の場合は中止とさせていただきます。(参加者の皆様へは中止の場合のみ、ご連絡させていただきます)

<概要>
日時:9月23日(日) 9時30分~16時
集合場所:滋賀県長浜市 JR河毛駅西口 
(9時20分集合。送迎有り。電車の方も、お車の方も集合は河毛駅西口駐車場にお願いいたします)

内容:6年間農薬化学肥料不使用の田んぼで稲刈り&はさがけ・湖北の旬を使った料理と釜炊きご飯のお食事付き・マルシェ同時開催
参加費:3000円  小学生1500円 小学生未満無料 
締め切り:9月17日(月) 
定員(40名)になり次第、締め切らせていただきます。

お問い合わせ・お申し込みはメールにてお願いいたします。
(宛先:kade77@gaia.eonet.ne.jp 件名:稲刈りイベント参加希望 
※参加を希望される方全員の氏名、代表者の電話番号、現地までの交通手段をご記入のうえお申し込みください
持ち物:服装:タオル、汚れてもよい靴・服装(長袖・長ズボン)、帽子

 

 

 

0 コメント

2012年

8月

15日

KOKOKUキャンパス#10 「神がみの里へいざなう、舟の旅」

KOKOKUキャンパス10                

「神がみの里へいざなう、舟の旅。
〜神住まう竹生島と菅浦。湖北の“いにしえ”に触れるフィールドワーク〜」

2012年9月29日(土)

KOKOKUが主催する、湖北の魅力再発見プロジェクト「コホクキャンパス」の第10回目は、いにしえより神々が住まう神秘の島・竹生島と漁村・菅浦を巡る湖上クルーズの旅です。

菅浦は山と湖に囲まれ、孤立したその地形ゆえ、遥かむかしから隠れ里として密かに営みを続けてきた村…。
また、神仏が一体化した思想のなかで発展し、いつしか“神の島”と呼ばれるようになった竹生島…。

今なお、非公式に漁舟で行き交うこのふたつの“神秘の地”を、今回特別に繫ぎ、舟の旅を体験します。
また、菅浦、竹生島ともに、地元の語りべが、今なお続く“神がみと地元人びとの暮らし“について話します。

湖北には、今もなお“神と人”が暮らす生活が息づいています。
それは、ときに神秘的であり、ときに畏怖的。
いにしえより続く“にっぽんのものがたり”を五感で感じる神がみの里へ旅してみませんか。


時間:10:30〜17:00

集合:10:00 菅浦「つづらお」(滋賀県長浜市西浅井町菅浦580 )
    ※電車でお越しの方は、「永原駅」から送迎致します。
     JR琵琶湖線→北陸線経由 09:44着
     JR湖西線経由 
     09:31着
内容: 菅浦の散策と語りべのはなし
    菅浦から竹生島への湖上クルーズ
    竹生島の散策と語りべのはなし

参加費:4,000円(昼食代込)
    ※会費は受付時に徴収いたします

持ちもの:タオル、水筒(もしくは飲み物)、帽子、動きやすい服装
定員:30名(応募多数の場合は、抽選とし、参加者の方にはこちらからご連絡をさせて頂きます。)

応募方法
①インターネット予約:http://www.facebook.com/events/190523854414507/
②メール予約:info@kokoku.org

備考:
①お車でお越しの際は、「つづらお」の駐車場をご利用ください。
②「つづらお」での宿泊も可能です。事前にインターネット予約をお願い致します。
インターネット予約:http://www.tsuzurao.com/
    TEL予約:0749-89-0350
③17:30〜19:30 参加者による(KOKOKUメンバーを含む)懇親会を予定しております。お時間のご都合よろしい方はぜひご参加ください。

 

お問い合わせ先
メール : info@kokoku.org
TEL : 090-2385-9251(佐野)

 

 


0 コメント

2012年

7月

20日

FANTASTIC MARKET in 中之島ダイビル“きらきら夏まつり”

いよいよ今週土曜日開催!!

FANTASTIC MARKET in 中之島ダイビル“きらきら夏まつり”に出展させていただきます!
今回もたくさんの出展者さんが勢揃い!
こだわりの食材を手に入れて暑い夏を乗り切る栄養をゲット!!
みなさんのお越しをお待ち致しておりますー!

FANTASTIC MARKET in 中之島ダイビル“きらきら夏まつり”
日時:2012年7月21日(土)
時間:11:00-19:00
会場:中之島ダイビル1階 エントランスホール 

マーケッターズ(出店者)スケジュール
・高山堂:創業明治20年の和菓子屋さん。夏の和菓子の実演販売
・VegeMerry:からだにやさしい国産の野菜や果物を材料に手作りされた創作コンフィチュール
・バジルプリュス:淡路島のバジル専門農家 バジルバーニャカウダやバジルペーストなど
・七穀ベーカリー:自家製酵母と白神こだま酵母、季節の酵母パンとおやつ。
・cafe アルワーン:ヨルダン産オーガニックオリーブオイルと中東雑貨を販売
・konefa samurai project:滋賀県湖北のお米や旬の新鮮野菜、加工品など
・NAKAYAMA COFFEE:京都からスペシャリティー珈琲焙煎豆販売、ドリップ珈琲販売
・Gefyra:真心とこだわりで作られたオリーブオイルを、ギリシャから日本へ
・堀内農園:奈良県吉野地方にて、柿、カリン、ブル-ベリー、梅の生産と加工品の販売
・チーズ魂:世界のチーズを計り売り
・SOAPHEADS:自然の成分を生かした、体と地球にやさしい天然素材の手作り石鹸
・PALMYRA :ドライフルーツ デーツ(ナツメヤシの果実)を扱う日本初の専門
・河童堂:50年前の手動の活版印刷機で一枚ずつ印刷した紙雑貨。
・有機屋本舗 西大阪店:本場台湾より凍頂烏龍茶を直輸入販売。
・Atorium 38:和歌山でご両親が養蜂家!家で採れた蜂蜜を販売。

 

 

 

0 コメント

2012年

6月

01日

農家アート祭 in 滋賀

農家アート祭 in 滋賀

6月9日(土)~6月20日(水)
open 11:00ー18:00 
close 6月14、15日
場所:尾賀商店

過去2回にわたり大阪で行なわれた「農家アート祭」をいよいよ滋賀で開催いたします。
アーティストさんが創り上げた渾身の農家アート作品の数々が尾賀商店に並びます!
私たち農家だけでは伝えきれない思いを、アートの力で表現していただくことでもっともっと農家に親しんでいただければ幸いです!
イベントの日はアーティストも農家も全員集合!!
みなさまのご来場を心よりお待ちしておりますー!!

イベント:6月17日(日)11時〜18時 入場無料
「食べる」を「つくる」ひとたちに会う!


・「foodscape!」(※詳細下記参照)
料理研究家・堀田裕介氏による滋賀の食材を使ったモザイクアート「food scape」が滋賀初上陸!

 

 

 

 

・農家トーク 若手農家たちとdigmeoutアーティストによるトーク
・音頭 みんなで踊ろう、楽しもう「近江ええぞ節」
・マルシェ 穫れたて滋賀のお米・野菜・果物・お酒などを販売
出店舗
◆グリーン藤栄
◆shop madre
◆百菜劇場
◆菜はれ
◆中村水産
◆冨田酒造
◆konefa samurai

最新情報「農家アート

------------------------------------------------
< foodscape! > は完全予約制です!!
------------------------------------------------
料金 / お一人1,000円(当日現金でのお支払いとなります)

時間 / 12:00〜 受付開始 13:00〜 いただきます!
※ 時間に遅れますと召しあがっていただける品数が限られてまいりますので、くれぐれもお間違えのないよう、お願いいたします。

ご予約 / noukaart@gmail.com

申込み〆切 / 6月10日 (日) 

■ お名前(全員分のフルネーム)・人数・連絡先(代表者様)をご記入ください。
■ ご予約は、メールのみとさせていただきます。
■ こちらのイベントページに[参加予定]とクリックしてただいた方も、お手数ですが、上記メールまでお申し込みくださいませ。

■ ご予約確認メールは、お申し込みいただいた2日後迄にはお送りいたします。確認メールがない場合、届いていない可能性がありますので、申し訳ございませんが再度お送り下さい。
■ foodscapeについてのお問い合わせも上記メールまでお願いいたします。

■ スタンディング形式のビュッフェ・ランチです。飲み物は含まれておりません。
■ キャンセルは、6月13日(水)までに必ずメールにてご連絡をお願いいたします。

■ ご予約のない方は、当日アートインスタレーションとしての見学にてお楽しみいただけます。

■ 要注意:大変申し訳ございませんが、当日のfoodscape!でのお食事のお申し込みはお受けいたしかねます。ご了承ください。

■ 駐車場には限りがあります。会場までは公共機関でお越しいただくか、最寄りの私営駐車場をご利用ください。

 

 

 

0 コメント

2012年

5月

30日

マガジンハウス「colocal」に掲載していただきました










 

 

 

motokoさん、grafさん、digmeoutさんをはじめ、様々な方々とのこれまでの活動をマガジンハウスさんのウェブマガジン「colocal」においてご紹介いただきました。


掲載にあたりご尽力いただいたライターの大草様、このたびはお世話になりありがとうございました。




0 コメント

2012年

4月

05日

「ソトコト」に掲載していただきました

ソトコト5月号」の巻頭記事において田園ドリームプロジェクトが掲載され、konefaの活動についてもご紹介いただきました。

このような機会をいただけたことを大変光栄に思います。

 

私たちを取り上げてくださったソトコト編集長の指出様、ライターの井上様、カメラマンのmotoko様、このたびは誠にありがとうございました。
そして、この2年間をともに歩んでいただいたgrafの皆様、堀田様、digmeoutの皆様、またご縁をいただいたすべての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

本当にありがとうございました!

 

 

 

0 コメント

2012年

2月

24日

KBSラジオに出演させていただきました

KBS京都妹尾和夫のパラダイスKyoto」に出演させていただき、とても緊張しましたが、貴重な経験をさせていただきました。

パーソナリティの妹尾さん、遠藤さん、田中ディレクターこのたびは誠にありがとうございました。

 

 

 

 

0 コメント

2012年

2月

13日

「農家アート vol.2」 at digmeout ART&DINER

 

農家アート祭 vol.2」まもなく開幕です!

この1年間、アーティストさんには何度も農業を体感していただきました。
そんな中で創り上げられた渾身の農家アート作品の数々がART&DINERに並びます!
私たち農家だけでは伝えきれない思いを、アートの力で表現していただくことでもっともっと農家に親しんでいただければ幸いです!
みなさまのご来場を心よりお待ちしておりますー!!

「やっぱり!!つくってるひととなかよくなれば、つくられたものはもっとおいしい!」

2012年2月17日(金)~3月4日(日)
イベント 3月3日(土) 17:00-19:00 参加無料

会場:digmeout ART&DINER

 

農家トーク 若手農家たちとdigmeoutアーティストによるトーク
マルシェ  穫れたて直送。滋賀のお米、野菜・くだものなどを販売
餅つき      ディグミーでお餅つき大会も開催。いちご大福もあるよ
ごちそう  みんなで味わう「滋賀の味」スペシャルメニューが登場
音頭    みんなで踊ろう、楽しもう。「近江ええぞ節」

参加作家: danny(イラストレーター)桑島薫(写真家)CHO-CHAN(イラストレーター)マムチョ(アーティスト)
MOTOKO(写真家)チャンキー松本(アーティスト)

参加農家:湖北:konefa samurai project 湖西:梅村泰彦(グリーン藤栄) 

農家アートオフィシャルサイト

 

 

 

0 コメント

2012年

1月

18日

「滋賀農市」in COCON烏丸

【日時】

2012年1月21日(土)

11:00~17:00
【場所】
COCON烏丸1階アトリウム
京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地

手作業からの「ものづくり」と、その多様性に満ちた愛おしい豊かさと手間をかけて創造することで育まれてきた文化に注目する「滋賀農市」を開催いたします!

日本の「ものづくり」の原点を「米づくり」と考え、「米」から生まれるものを中心に、手作業でつくられるものたちを手に取り、味わい、楽しんでいただく機会となります。豊かな自然環境の下、自然にも体にもやさしいものづくりに取り組む作り手との出会いをお楽しみください。

 

「お米のろうそく」でグッドデザイン賞を受賞した「和ろうそく大興」や、お米をモチーフにしたアクセサリーなど暮らしにまつわるものもあります。ぜひお誘い合わせの上お越しくださいませ。

そのほかの出店舗一覧
グリーン藤栄(高島市)
中村水産(高島市)
楽農舎(高島市)
冨田酒造(長浜市)
和ろうそく大與(高島市) 
中川木工 比良工芸工房 (大津市)
草庭(大津市) 
アズーログラススタジオ(東近江市) 
wadamaki(高島市)
Ryu-s 米原(米原市) 
shop madre(近江八幡市) 
ねこのひたい(大津市)

近江生産ネットワーク(草津市) 無農薬野菜を生産する若手農家集団


関連リンク
ココン烏丸
烏丸経済新聞 
コネファサムライプロジェクト 
農家アート 

 



0 コメント

2012年

1月

05日

graf pop up shop ”年のはじめのモノえらび”

grafさんの新年を迎えての最初の企画は、これから一年の生活が皆さまにとって豊かになるような、永く大切に使う事ができ、使い手の感性が豊かに育まれるような、そんな商品を集めたgraf pop up shop ”年のはじめのモノえらび”。

会期/1月6日(金)〜1月22日(日)
時間/11:30〜20:00
会場/graf mouth
定休日/毎週月曜日(祝日の場合は翌日休み)

今回のgraf pop uo shopでは、コネファメンバーのお米、味噌、梅干し、らっきょうなどもお取り扱いいただいております。

そして、1月21日土曜日には、私たちコネファメンバーによる「お餅作りのワークショップ」を開催させていただきます!
詳細につきましては改めて告知させていただきますので、みなさまどうぞご期待ください!!

 

 

 

0 コメント

2012年

1月

04日

「OPEN harvest」メディア掲載情報

昨年の11月2,3日、東京都現代美術館B1Fのレストランコントンにてフードディレクター・野村友里さんやェパニーズのシェフを中心として開催された、参加型の食とアートの体験イベント「OPEN harvest」の記事が、現在発売中の装苑ecocolo自遊人に掲載されています。

 


 

0 コメント

2012年

1月

04日

「Meets Regional」に掲載していただきました

本日発売の京阪神エルマガジン社「Meets Regional」に、konefaメンバー・吉安純一郎とともに掲載していただきました。

兵庫県猪名川町において、ビニールハウスを建設する取り組みの記事に登場させて頂いております。
みなさん、ぜひ書店で手に取ってみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2011年

12月

23日

FANTASTIC MARKET ~many thank you christmas 2days~

 

今年最後となるFANTASTIC MARKETkonefaのメンバーとともに出店させていただきます。

みなさんのお越しをメンバー一同お待ち致しておりますー!

 

FANTASTIC MARKET(ファンタスティックマーケット)とは、「出会い~繋がる~広がる」をキーワードに、生産者や販売者と消費者が生産物とおいしい情報を分かち合い、新しい関係性を育む場づくりを展開するgrafの新しいコミュニティ型プロジェクト。企画担当は川西万里さん(graf)です。

 

***** 

 

開催日 / 201112/24(), 25()

会場 / graf1F, 2F

Market / open  11: 30 - 16 : 30   graf mouth(1F) / graf fudo (2F)

Fantastic 食堂  /  Open  11: 30 - 16 : 00 (L.O)  Close 16: 30 @graf fudo(2F)

 

***** 

 

採れたての冬の野菜に、果物、天然酵母のパンや焼菓子、加工品、生活雑貨などなど

大切な人にプレゼントやゴチソウをしたくなるような素敵なものが集まります。

 

そして今回もgrafのカフェ"fudo"が「ファンタスティック食堂」として営業します。

作り手の想い、素材にこだわった特製ワンプレートランチや

クリスマスにちなんだデザートやドリンクもご用意しております。

ぜひみなさま、おなかを空かせて、期待を膨らませてご来場ください。

たくさんのみなさまとお会い出来る事を、一同心よりお待ち申し上げます!

 

 *****

 

FANTASTIC ワークショップ ~バラと林檎のコンフィチュール作り~>

 

バラと林檎のコンフィチュールを手作り体験。

FANTASTIC MARKETオリジナルラベルの瓶に詰めてお持ち帰り頂けます。

クリスマスプレゼントにもおすすめ!

 

日時 / 12/24() 130016:30 4名様ずつ

参加費 / ¥1,000 (材料費込み)

講師 / 堀田裕介 (料理研究家)

 

*****

 

マーケッターズ(出店舗)スケジュール 

 

24()に出店するマーケッターズのみなさん

 

 □ cafe アルワーン  http://alwaan.jp/  ヨルダン産オーガニックオリーブオイルと中東雑貨を販売

 □ hand 天然酵母手作りパン

 □ ひぽたまパン  http://hippofac.exblog.jp/ お腹も心も満足にしてくれるパンとジンジャーシロップと焼き菓子)

 □ gml http://gml.shop-pro.jp/ ハンドメイドにてピアスを中心に個性豊かなアクセサリー

 □ 天然食堂 かふぅ http://www.cafuu-shokudou.com/ 玄米と野菜の食堂かふぅより、パンと焼き菓子の販売

 □ 針江のんきぃふぁーむ http://nonkifarm.com/ 無農薬栽培でつくる安心安全なお米やお餅きなこの販売

 

24()25()の両日出店するマーケッターズのみなさん

 

 □ 土種(ツチタネ ) 播磨のオーガニック野菜と食材、良質な植物油、畑の恵みである土

 □ 堀内農園 http://www.horiuchifarm.com 奈良県吉野地方にて、柿、カリン、ブル-ベリー、梅の生産と加工品の販売)

 □ SOAPHEADS http://soapheads.jugem.jp/ 自然の成分を生かした、体と地球にやさしい天然素材の手作り石鹸

 □ ダイヤ印 日昭和10年創業の東大阪市の小さな町工場より、暮らしにやさしいアルミ製品を販売

 □ Gefyra http://gefyra.org/ 真心とこだわりで作られたオリーブオイルを、ギリシャから日本へ

 □ ちせ http://chise.in/ ちせはアイヌ語でお家。丁寧につくられたおいしいジャムと天然酵母パンの販売

 □ チーズ魂 http://session.osakazine.net/ 世界のチーズを量り売り

 

 

25()に出店するマーケッターズのみなさん

 

 □ konefa samurai project http://konefa.blogspot.com/「農と人をつなぐ」滋賀県湖北の若手農家集団。お米や旬の新鮮野菜、湖北の加工品等。

 □ パソナチャレンジファーム http://www.pasonagroup.co.jp/pasona_o2/challenge/index.html 淡路島からバジルの加工品、冬野菜をお届け

 □ ターンムファーム  http://ta-nm.jp/mellowhabanero.html 無農薬ハバネロで手作りホットソース メローハバネロ

 □ 七穀ベーカリー  http://759bakery.jp/ 自家製酵母と白神こだま酵母、季節の酵母パンとおやつ。

 □ couer http://coeurpain.petit.cc/ 国産小麦、季節の素材をつかった天然酵母パン)

 □ Atorium38 http://atorium38.petit.cc/ 和歌山の養蜂家の純国産はちみつ

 □ 森のおはぎ http://ameblo.jp/moriohagi/ 愛情込めてあんこを炊き上げ見てかわゆく食べておいしい雑穀のおはぎ

 □ アップルの発音 http://applenohatsuon.blogspot.com/ お話にまつわるパンやパンにまつわるお話を作っている。)

 □ HOPPY商店  50年以上続く交野のブドウ農家

 

 

 

0 コメント

2011年

12月

22日

湖北大忘年会!

 

12月20日に長浜の縄において、湖北の20代〜30代の方々を中心に大忘年会(交流会)を開催いたしました。

 

様々な業種で頑張っておられるみなさんに多数お集まりいただいたことで、新たな出会いやネットワークが広げることができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。私は3次会で力尽きましたが....。

 

今後も心強い仲間とともに、このような会を開催していけたらなぁ、と思っております。

ご参加いただいた皆様、このたびは本当にありがとうございました!

 

次回は桜の咲く頃に!(おそらく)

 

 

 

0 コメント

2011年

12月

18日

よたネットミーティング『こんな風に生きたい!を探す』

 

12月16、17日に余呉のウッディパルで開催された、よたネットミーティング『こんな風に生きたい!を探す』に参加してきました。


「よたネット」とは滋賀の地域活動や市民活動、NPO活動など社会的事業に関わる次世代を担う若手を中心としたネットワークなのですが、今回は余呉の自然と郷土料理を味わいながら、県内各地で活動する方々と交流を深めることができました。

 

主催者の皆様には、恐縮ながらkonefaの活動内容について私からご説明させていただく場面も作っていただき、本当にありがとうございました!

 

 

 

0 コメント

2011年

11月

25日

杉玉作りのワークショップ

 

‎11月13日から開催された冨田酒造さんの杉玉作り。

県内外の11名の方々にご協力いただき、大きな杉玉が無事完成いたしました!

 

プライバシー保護のため(?)七本槍を囲んでの打ち上げの模様はお蔵入りしました....が、熱い夜でしたー!

また来年も??

 

 

 

0 コメント

2011年

10月

27日

食べられるアートインスタレーション「OPEN harvest」

 

食べられるアートインスタレーション「OPEN harvest

 

11月2、3日に東京現代美術館で開催される「OPEN harvest」に、お米の脱穀&籾すり作業体験担当として参加してまいります。

 

関西からはgraf・服部滋樹さん、服部智樹さん、川西万里さん、料理研究家・堀田裕介さん、関西屈指のバリスタ・石田謙介さん、小麦粉のファンタジスタ・冷水希三子さん、鋼の料理人・山田和代さんも参加予定です。
そして湖北からは冨田酒造・冨田泰伸さん、konefa・家倉敬和が参加予定となっております。


いのちのバトンをつなぐ。 いのちをいただくことを、召しあがる、といいます。 召す= いのちをいただく、 あがる=たべる。 つまりいのちをたべて 私たちは生きてます。 いのちは海から生まれます。 いのちは土から生まれます。 水、風、太陽、月を必要とすること。 そしてそこに生きるわたしたち。 旬を大切にするというくらしかた。 社会と食の関係を明らかにする試み。 食が人をつくり、人が社会をつくる。 食べるという行為を通じて永続的な社会環境を探究する 「フードトリップレストラン」。 「食べる」という経験からこれからの 生き方(=LIFE)を考えます。 food light projectは食が照らす、 あしたの道しるべプロジェクトです。(foodlight HPより)


■場所:content restaurant(レストラン コントン)

■住所:東京都江東区三好41 東京都現代美術館BF 

■日程: 2011112日(水)& 3日(木・祝)

■定員:1日 200名

■時間:19:00  22:00

■価格:大人 ¥10,000 小学生 ¥2,500


お申し込み、詳細につきましては
foodlight」HPをご覧ください。

 

 


0 コメント

2011年

10月

18日

KOKOKUキャンパス#5 「おいしいごはんの作り方」

 

私もメンバーとして参加させていただいている団体・KOKOKUのイベントのご案内です。

この機会に、食卓から湖北の魅力を見つけてみませんか?


■主旨
第5回コホクキャンパスのテーマは、「湖北の、おいしいごはんの作り方」。創作された郷土料理というよりは、地元のおかあさんやおばあちゃんの味。そんな湖北ならではの、おいしいごはんを作るための体験教室を開催します。

湖北のごはん文化を研究する肥田文子さん(湖北町食事文化研究会 代表)による「鯖そうめん」の料理教室を体験した後、700年以上も続くお寺の大きな本堂で、膳を並べて食事します。村人も、祭りなどの催事でなければめったに食べられない本堂でのごはんは、湖北の集落文化を肌で感じられるよい機会となるでしょう。そして最後は、そのまま本堂を使って、広い畳の上でワークショップを開催します。

■内容
 日程:2011年10月30日(日)
 時間:12:30〜19:00
 場所:滋賀県長浜市高月町唐川
 集合:七郷小学校(滋賀県長浜市高月町)
 内容:「湖北の食卓」について肥田文子さん講演
     七郷小学校にて料理教室(鯖そうめんほか)
    長照寺へ徒歩移動後、本堂で食事
    ※食事は地元おかあさん方による湖北料理も味わえます
    本堂でワークショップ
参加費:3,800円
    ※会費は受付時に徴収いたします。おつりのないようご準備お願いいたします
持ち物:エプロン/三角巾/手拭タオル/持ち帰り用タッパー類/筆記用具
定員:40名
   ※定員数を超えた時点で締切とさせていただきます
備考:お車でいらっしゃる方は、長照寺駐車場をご利用ください

応募方法:MAIL予約 info@kokoku.org
     WEB予約 
http://atnd.org/events/19798
       詳細   
http://www.facebook.com/KOKOKU.shiga 
応募締切:2011年10月14日(金)
お問い合わせ先:090-5310-7897(KOKOKU代表・笠原)

KOKOKUとは
滋賀県湖北地方のより良い活性化とまちづくりを目指す任意団体。2010 年より始動し、現在、約80 名が登録。20代〜30代の湖北在住者や湖北出身の県外居住者が中心に集い、内外の視点を取り入れながら、10 年、20 年先の湖北を見つめる。 楽しく、暮らしやすい湖北のまちづくりのため、今どのような思考や施策が必要かを考え、それを実行する力を持つことを目指す団体。
代表:笠原憲
 

 


0 コメント

2011年

10月

12日

ミーツファームのハウス再生プロジェクト

料理研究家・堀田裕介さんからのご連絡を受け、兵庫県猪名川町にあるミーツファームに解体されて眠っていたビニールハウスを再生するため、コネファメンバーの純野菜王国・吉安純一郎くんとともに現地へ行ってきました。
まずは材料をチェックしてみると、ほとんどの材料が揃っていたのでさっそく取りかかろうと思いきや、工具がないことが判明。肝心な物を忘れていました....。
それでもめげずにパイプを3人の体重をかけて埋め込み、寸法は手で測り、上部の連結は肩車でという原始的な方法で再生に挑みました。
なんだかよくわからない理由で、僕が吉安くんを肩車する役目になったのですが、現在増量中のこの男、かなり重かったです。

grafの服部智樹さんも加わって、パイプが打ち込めない原因となっている砂利を取り除く作業。

ハウスの補強のため、パイプに楔を打ち込む堀田さんと、一心不乱に畑の草刈りに取りかかるgrafの川西万里さん。

 

取りかかり始めると予想以上に作業がスムーズに進み、実質2時間程度で骨組みの部分がほぼ完成。

あとは足りない部分を少し付け足して、ビニールを張る作業を残すのみです。

 

今の社会は新しいものを求めがちですが、使えるものは何度でも使う。これってすごく大切なことですね。

0 コメント

2011年

10月

01日

「Meets Regional」に掲載していただきました

京阪神エルマガジン社「meets Regional」において、当農園をご紹介いただきました。

 

新しい衣食住を提案しつづけるgraf と雑誌 Meets Regional が始めた畑「ミーツファーム 」。その活動内容を紹介するコーナー・ミーツファーム通信の最終回に、恐縮ながら登場させていただきました。

 

来週には、兵庫県猪名川町のミーツファームにkonefaのメンバーとともに訪れ、ビニールハウスを建設するプロジェクトにもかかわらせていただく予定です。

 

誌面を通じて、当農園を発信する機会をいただけたことを大変光栄に思います。

取材にお越しいただいた京阪神エルマガジン社の蔵様、カメラマンの岡田様、そして、いつもお世話になっている川西さん、堀田さん、このたびは誠にありがとうございました。

 

 


0 コメント

2011年

9月

12日

みたて農園ウェブサイトをオープンしました

このたび、こうして再出発の日を迎えることができました。
農業を始めてから、この日が来るまで8年間。
何度も行き詰まり、長い時間がかかってしまったのですが、今まで色んな形で支えていただいた皆様に心から感謝したいと思います。
すべてが真っ白な状態だった当農園の名称から方向性に至るまで、ディレクターとしてご指導いただいたgrafの服部様、川西様、本当にありがとうございました。
そして、名刺、商品のパッケージデザインを担当していただいたgrafの横山様、限られた時間の中で無理なお願いをすることがあったにもかかわらず、いつも誠実にご対応いただき、横山様に担当していただいたことを心から感謝しています。
ウェブサイトの立ち上げにつきましては、projectorの田中様、佐伯様、そして、アソビグラフィックの川上様にご尽力いただきました。
ご一緒できる機会と、また制作にあたり様々なご提案をいただき、皆様のお取り計らいに心から感謝いたします。
ウェブサイト全般の撮影にご協力いただいたdigmeout桑島薫様、商品撮影にご協力いただいたAyami様、本当にありがとうございました。
何度も湖北を訪れていただき、たくさんの気づきを与えていただいた料理研究家の堀田裕介様、本当にありがとうございました。
そして、辛い時も励まし合いながらともに成長してこれたkonefaの家倉様、農業のこともまったく分からない頃から今まで一緒に歩んでくれたkonefaの皆様、本当にありがとうございました。
そして、一介の農家だった私にすべてのきっかけと、期待と夢を与えていただいた田園ドリームプロジェクトMOTOKO様、本当にありがとうございました。
気持ちも新たに、農家として、人として、さらなる挑戦を続けてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

9 コメント